ホームトピックス > 2017/08/18 全従業員を正社員化 大手クレジットカード会社

2017/08/18 全従業員を正社員化 大手クレジットカード会社

  「大手クレジットカード会社が、今月14日、現在4つに分けている社員区分を撤廃し、パートを含む全ての従業員を、原則として無期雇用の正社員にすると発表した」という旨の報道がありました。

同社では、正社員化に伴い人事制度も変更し、賃金体系や待遇を統一するとのことです(対象は2,000人前後の見通し。希望者や一部アルバイトは除外)。人材確保に先手を打ち、個人の能力を最大限に生かすことで持続的成長を図るという目的があるようです。

同社が新たに導入する正社員化の仕組みは、一部のアルバイトなどを除き、「全員を無期雇用に、役割等級に基づく同一労働同一賃金を実現(職能・職務等級は廃止)、全員に年2回賞与を支給、確定拠出年金制度等、福利厚生も統一」と報道されていますが、特に、役割等級という賃金制度がうまく機能するかどうかがカギを握っているように思えます。

人手不足が深刻化する中、各社の同一労働同一賃金の実現化に向けた取り組みが本格化していきそうです。

〔参考〕厚生労働省は、「同一労働同一賃金」の実現に向けた取り組みに力を入れています。ホームページには、「同一労働同一賃金特集ページ」も設けています。この特集ページでは、具体的な法整備についての建議の内容や、ガイドライン案などもご覧になれます。 参考までに、リンクを紹介しておきます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html


 子育てワンストップサービスのプロモーション動画を公表(内閣府)
 内閣府は、今月15日、「マイナンバーカードでますます便利に!育児の味方!子育てワンストップサービスとは?(1分11秒)」という動画を掲載しました。

http://www.cao.go.jp/bangouseido/link/prmovie18.html


 過労死等に関する調査研究の結果を報告(厚労省)
 厚生労働省は、今月10日、平成28年度「過労死等に関する実態把握のための労働・社会面の調査研究事業」の報告書を取りまとめ、公表しました(この事業は委託事業で、委託先はみずほ情報総研株式会社)。

この調査研究は、「過労死等の防止のための対策に関する大綱(平成27年7月24日閣議決定)」において、過労死等の発生要因は明らかでない部分が少なくないため、実態解明のための調査研究が早急に行われることが重要であるとされていることから、平成27年度から実施されているものです。

また、同大綱では、過労死等の全体像を明らかにするためには、雇用労働者のみならず法人役員・自営業者も調査を行う必要があることや、自動車運転従事者、教職員、IT産業、外食産業、医療など、過労死等が多く発生しているとの指摘がある職種・業種について、より掘り下げた調査研究を行うことが必要であるとされています。

こうしたことから、平成28年度は、自動車運転従事者、外食産業、法人役員、自営業者についてアンケート調査が実施され、あわせて平成27年度の委託事業で実施した労働者に対するアンケート調査について、再集計・分析が実施されました。

平成27年度調査結果の再集計・分析では、
・『労働時間を正確に把握すること』及び『残業手当を全額支給すること』が、「残業時間の減少」、「年休取得日数の増加」、「メンタルヘルスの状態の良好化」に資すること、
・残業を行う場合に『所属長が残業を承認する』ことが、「残業時間の減少」、「メンタルヘルスの状態の良好化」に資すること、などが示唆され、
・『最長の週の残業時間が30時間以上であること』、『ハラスメントがある職場』は、「メンタルヘルスの状態」が悪くなること、などが確認されたということです。

厚生労働省では、今回の調査結果等について、今後とりまとめ予定の「平成28年度 我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況」に反映させていく予定とのこと。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000174205.html

ページ上部へ